曇り日に歩く

試される大地におためし移住中

札幌市内でお気楽登山 三角山~大倉山~奥三角山縦走

前回の円山登山に続き、今回は三角山から奥三角への縦走をしてきました。

 

www.kumoribiniaruku.com

 

今回のルート

山の手側登山口入り口スタート ⇒ 三角山山頂(標高311m) ⇒ 大倉山山頂(307m) ⇒ 奥三角山山頂(354m) ⇒ 大倉山へ戻る ⇒ ジャンプ競技場リフトにて下山

 

天気予報は晴れなのに、出発前は怪しい曇り空。

f:id:kumoribiniaruku:20180623223553j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623223651j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623223601j:plain

山の手側登山口

ストックの貸し出ししてます。

f:id:kumoribiniaruku:20180623223640j:plain

ところどころある分岐点の看板を目印に登れます。

f:id:kumoribiniaruku:20180623223635j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623223646j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623223745j:plain

円山と同じく、三角山も小さい子でも登れるくらいの初心者向けの山です。

実際この日、お子さんも登ってました。

f:id:kumoribiniaruku:20180623223754j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623223759j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623223833j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623223838j:plain

すこしガレ場あり

東屋が見えてきたら、そろそろ山頂
ゆっくり登って50分くらいで到着!

f:id:kumoribiniaruku:20180623223823j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623223829j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623223928j:plain

晴れ予報だったのになー

 

大倉山へ向かいます。

f:id:kumoribiniaruku:20180623223935j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623223940j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623223946j:plain

大倉山までの道はアップダウン少な目

f:id:kumoribiniaruku:20180623224238j:plain

奥三角山とは書いて無く、小別沢口と書いてある方面へ。
大倉山の山頂は、ひっそりと。 油断してると見落とします。

f:id:kumoribiniaruku:20180623224228j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623224350j:plain
大倉山から奥三角山への道は、急に下って登るので結構きつい。

かなり息が上がる。

f:id:kumoribiniaruku:20180623224223j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623224233j:plain

奥三角山、登頂ですー!

近くに宮の森ジャンプ競技場がみえます。

f:id:kumoribiniaruku:20180623224428j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623224424j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623224444j:plain

三角山より眺め良し

すこし休憩して、大倉山へ戻ります。 

f:id:kumoribiniaruku:20180623224327j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623224439j:plain

大倉山ジャンプ競技場分岐点まで戻れば、すぐ!大倉山展望台です!

f:id:kumoribiniaruku:20180623224211j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623224414j:plain

日本最高級のソフトクリークとやらがあるので、食べてみる。

f:id:kumoribiniaruku:20180623224404j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180623224337j:plain

夕張メロンソフト!これ、美味しかったー!!しっかり夕張メロン。

お値段おいくらまんえんかというと、350円とふつー。

最高級なのは材料だけです!

 

下山は競技場のリフトでらくちん下山しまーす。

f:id:kumoribiniaruku:20180623224420j:plain

f:id:kumoribiniaruku:20180623224448j:plain

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。