曇り日に歩く

試される大地におためし移住中

パタゴニアジャケットの裏地が剥離したときの対処法

私は普段からパタゴニアのジャケットを愛用しています。

2代目のこの子ももう、5年くらいの付き合いでしょうか。

f:id:kumoribiniaruku:20180417210316j:plain
パタゴニア トレントシェルジャケット

 

実はこれ、去年くらいから、裏地が剥離し始めてしまいました。

着るたびに、首輪周りや背中にポロポロカスがでます。

それなりのお値段のものですので、まあへこみます。

今回は、パタゴニアジャケットの裏地が剥がれたときの対処法について、私の経験にもとづき書いていきたいと思います。

 

 

裏地剥離の予防法

まず、パタゴニアのトレントシェルジャケットですが、長く使用していると、汗や皮脂に反応して、コーティングが剥がれてきてしまいます。

ちなみに、このくらいの小さい穴からはじまって(左)、こんなにベロンとなります(右)。。。。悲 (写真は違う箇所の剥がれです)

f:id:kumoribiniaruku:20180417215245j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180417210309j:plain

では、コーティングが剥離しないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

これはパタゴニアの店員さんに聞いたのですが、まずは剥離しないよう予防することが必要です。

予防方法は簡単で、着たら洗濯をすること!です。

私も最初はこういう物ってそんなにしょっちゅう洗濯していいのかなぁ?と不安もありました。

ですが、汗や皮脂を落とすことのほうが大切です。

洗濯をこまめに行えば、裏地のもちは格段に良くなります。 

もう剥離が始まってしまっている場合

そんなの知らなかったよー

もう剥がれてきちゃった!という場合、まだ傷が浅いうちに対処しましょう。

 パタゴニアにはリペアサービスがありますが、裏地のリペアは対応できないので、剥がれたらプロでもなおすことはできません。

では、どうするのか?

私は、リペアシートを裏地に貼っています。

f:id:kumoribiniaruku:20180417210306j:plain

モンベル リペアシート

アイロンで貼るタイプは溶けそうですし、試しましたがうまく貼れなかったので、粘着タイプが良いです。

パタゴニアにはリペアシートは販売してないので、モンベルのリペアシートを使用しました。

f:id:kumoribiniaruku:20180417214236j:plain
f:id:kumoribiniaruku:20180417214233j:plain

これで剥離の拡大を防ぐことができそうですね。

ただうまく貼らないと、表面がヨレます。

裏技 手に負えないとき

そして、これは裏ワザですが、愛用していたジャケットの裏地が剥がれて悲しい思いをしてるなら、ジャケットを持ってパタゴニアの直営店に行って、リペアをお願いしてみましょう。

ん?さっき、リペアできないって言ってたのに、なんでかって?

それは、ジャケットそのものを新品と交換してくれる可能性があるからです!

私は初代のジャケットの裏地がベリベリになり、直営店に持ち込みリペアをお願いしたところ、新品と交換していただけました。

裏地はリペアができないので、交換になるようでした。

そして、剥離しないための予防方法を教えていただけました。

ちなみに、新品をもらえるわけではなく“交換”になります。

そして、交換できるのは一回だけ、と言われました。

これは5〜6年前のことなので、今でも対応してもらえるのかはわかりません。

まとめ

パタゴニアジャケットの裏地は剥離します

予防方法はこまめな洗濯

剥がれてきてしまったら、リペアシートで拡大を防ぐ

どうにもならなくなったら、直営店へ持ち込みリペアをお願いしてみる

 

以上です。
私はこの子の裏地が限界まできたら焚き火用にして、新しいジャケットを買うことにします。